白内障実習を行いました


溝上眼科事務次長のWです。

当院のモットーとして、「快適にみえるよろこび」を掲げていることから白内障手術手技を実習する機会をできるだけ設けています。

HOYA株式会社さんにご協力頂き、白内障手術の実習が行われました。

コメディカルのT君が3眼白内障実習をさせて頂き、白内障手術の難しさを体感しました。

本日は緊急の硝子体手術が行われましたが、院長自ら手術後と午後診療の合間に実習に参加されました。

IMG_2345 IMG_2346[1]

このように定期的にアップデートできることに感謝しつつ、これからもより良い医療に貢献できるようにスタッフ一同頑張りたいと思います。

 

院内勉強会【糖尿病のトピックス】


平成29年3月15日(水)
院内において
【糖尿病のトピックス】という演題で勉強会を開催致しました。

29.03.15勉強会

淡路島は美味しい食べ物が多いうえに
田舎特有の車社会で
日常的に運動不足に陥りやすく
糖尿病になるリスクが高くなりがちです.

糖尿病は初期症状がほとんどないため
当院に来院される患者様のなかにも
かなり症状が悪化してから初めて眼科に来られる方を
しばしば見受けます。

血糖値のコントロールや
食事の摂り方の注意事項など
今回の勉強会で得た知識を生かし
糖尿病の治療で頑張っておられる患者さまの気持ちに寄り添って
一緒に視機能を保つお手伝いが出来ればと思いました。

最後に雑記になりますが
勉強会での内容を記載させていただきます

********************************************************

糖毒性
糖毒性とは、血糖値が高いこと自体がインスリンの分泌を低下させたり
インスリンの働きが悪くなるインスリン抵抗性を起こすことを指し
高血糖をそのままにしておくと更に糖尿病が悪化していく
運動療法はカロリー消費だけでなく
このインスリン抵抗性を改善する効果もある

厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」の推計によると
糖尿病人口は予備軍を含め2050万人

糖が尿に出なくても糖尿病のことがあり
血糖値が高くなって初めて糖尿病と診断される
初期は自覚症状がほぼないので
早期発見のために健診を定期的に受けるなど注意が必要

糖尿病の種類
DMの種類

Ⅰ.1型 インスリンを作るところが元々壊れている
Ⅱ.2型 インスリンが出にくい、効きにくい
Ⅲ.遺伝・疾患要因
Ⅳ.妊娠による誘発

治療法
インスリンが出にくい→薬で補える
インスリンが効きにくい→感受性の低下→運動+薬で補える
薬の種類も今は多岐に渡り
低血糖がおこりにくい薬や
血液中の糖をおしっことして出す薬(腎臓での再吸収を阻害する)が
使われるようになった

糖尿病の3大合併症
糖尿病網膜症、腎症、末梢神経障害
また感染症がおこりやすくなる(虫歯、歯周病、術後の感染症など)

糖尿病発症後5年で神経障害
7年で網膜症
10年で腎症
20から30年で末期感染症を発症するといわれており
脳梗塞や心筋梗塞にも注意が必要

HbA1C
血液中に流れるヘモグロビンにブドウ糖がくっついたもの
1~2か月が寿命
血中の糖が多いとHbA1Cが増える
目標として
正常値  6.0
合併症予防 7.0
治療強化が困難な際の目標 8.0
HbA1Cを1%下げると血管障害リスクを37%下げることができる
体温に置き換えてイメージしてみるとわかりやすい
(体温プラス30)
7.5→37.5→薬が必要
9.2→39.2→注射が必要
HbA1C6.9以下に下げておくと
進行がゆるやかになる
7.0を超えると合併症が増えてくる
(熊本スタディーより)
熊本宣言2013

1日の血糖値の変動は少ない方がいい

食事の順番で血糖値の上昇の仕方が変わる
サラダ→ごはん→上がりにくい
ごはん→サラダ→上がりやすい
たくさん噛んだほうがいい
1回食べたら箸をおいてみるとよい

食後高血糖
食後  140未満⇒200を超えると糖尿病
空腹時は100を超えないように
脳梗塞、心筋梗塞のリスクが高くなるのは
空腹時高血糖より食後高血糖
治療中は特に食後高血糖に気を付ける
食後2時間の血糖値の高さは
総死亡率と強い関連性がある

高齢者糖尿病患者のコントロール目標
・認知機能が正常かどうか
・ADLが低下していないかどうか
気を付けておく
認知レベルが低い人にあまり厳格なコントロールを強いると
低血糖を起こす可能性があるので
あまり厳格にコントロールしない

受付 A.N

当院で研修を行いました!19


当院は、兵庫県立淡路医療センターより
初期臨床研修プログラムの研修施設に指定されており、
これまでも多くの先生の研修を受け入れてきました。

3月1日(水)~3日(金)に 竹内Drの研修を受け入れました。

DSC00565105

 

外来診察及び移植医療に関して、また抗VEGF治療に関しての勉強会に参加。

何件か手術見学をしてもらいました。

患者さまに愛される未来のスーパードクター!!研修お疲れ様でした。

先生の夢の実現を見守っています。

角膜カンファランス 2017 in 福岡


2017年2月16日(木)~18日(土)に福岡県のアクロス福岡で開催された

第41回日本角膜学会総会/第33回日本角膜移植学会(角膜カンファランス2017)に参加しました。

学会のテーマは「天空海闊の角膜学」ということで、これは北宋(960年~1127年)時代の書物に見られた言葉で、“空や海のように限りなく広がり、深い”角膜を取りまく研究の進展をこのたびの角膜カンファランスで分かち合いたいということでした。

O

O

今回、当院から発表させていただいた演題は 『国内ドナー角膜を用いた角膜内皮移植の1例」

現在、角膜移植(DSAEK)に用いる、プレカット・ドナー角膜は、海外から輸入して使用しているのが一般的ですが、2015年、院内に設立した兵庫アイバンクプレカットセンターにて作成した国内ドナー角膜を用い、当院で日帰り手術にて角膜内皮移植を行った症例を発表させていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

懇親会では「博多夜市」と題し、博多の海の幸・ラーメン・お寿司・もつ鍋・あまおう苺のデザートなど、屋台グルメが並んでいて、とても活気がある、賑やかな懇親会でした。

福岡の中心・天神での開催でしたので・・・もちろん、最後は屋台のラーメンへ

O

今後も『快適に見えるよろこび』を、ひとりでも多くの患者様に感じていただけるよう、スタッフ一同、切磋琢磨していきたいと思います。

看護師A

 

 

当院で研修を行いました!18


当院は、兵庫県立淡路医療センターより
初期臨床研修プログラムの研修施設に指定されており、
これまでも多くの先生の研修を受け入れてきました。

2月6日(月)~10日(金)に山田Drの研修を受け入れました。

DSC00545106

 

外来診察及び移植医療に関して、また接遇やアレルギー治療薬に関しての勉強会に参加。

硝子体手術2件、白内障、硝子体注射を多数見学をしてもらいました。

患者さまに愛される未来のスーパードクター!!研修お疲れ様でした。

先生の夢の実現を見守っています。

2017年 あけましておめでとうございます。


2017年、あけましておめでとうございます。

淡路島は白いベールに覆われることもなく穏やかで暖かい正月となりました。皆さまには健やかに新年をお迎えのこととこころよりお慶び申し上げます。
旧年中は多くの方に大変お世話になり、ありがとうございました。
大変多くの患者様にご来院いただき、皆様に支えられながら頑張った一年でした。

img_0216103

患者様から「見えるようになった!」「明るくなった!」と、喜びの言葉をいただいたときは、頑張ってきてよかったと思う毎日です。
溝上眼科は、1月4日より、新年の診療を開始いたします。
本年もスタッフ一同、チームワークでこの地域の眼科患者様の期待にお応えできるよう努力していく所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様方にとって、今年も良い年でありますように、心よりお祈り申し上げます。

溝上眼科 院長 溝上淳二

溝上眼科  忘年会 2016  in うめ丸


忘年会2016

 

2016年もあとわずか・・

本年もみんなで頑張った暁として、当院でも12月22日(木)に 忘年会を開催しました。

今年の会場は南あわじ市のうめ丸でした。

生きの良い鯛の姿づくりに始まり、3年ふぐのフルコースと淡路島の豊かな食を堪能したコースでした。

恒例のビンゴ大会では、院長賞としてヘルシオグリエ(話題のウォーターオーブン)、ダイソン掃除機や空気清浄機、ミニファミコン、恒例のバリスタなど・・豪華景品がずらり。

%e6%99%af%e5%93%81102

大いに盛り上がりました♪

豪華景品が当たらなくても ″安心してください。今年もお土産付きですよ″
ビンゴが成立しなかった人にもお菓子のお土産をいただきました♡
ありがとうございます!

食べて、飲んで、笑って、とても賑やかな忘年会でした♪

親睦を深め、新年より更なる飛躍をみんなで遂げていきたいと思います!

 

 

事務次長W

 

当院で研修を行いました!17


当院は、兵庫県立淡路医療センターより
初期臨床研修プログラムの研修施設に指定されており、
これまでも多くの先生の研修を受け入れてきました。

12月1日(木)~9日(金)に木下Drの研修を受け入れました。

通常1週間ですが、ご希望により少し長めの研修期間となりました。

pc070312

外来診察及び移植医療に関して、また緑内障治療薬に関しての勉強会に参加。

硝子体手術3件、白内障、硝子体注射を多数見学をしてもらいました。

患者さまに愛される未来のスーパードクター!!研修お疲れ様でした。

先生の夢の実現を見守っています。

眼科で用いる漢方薬について


11月30日 漢方薬について勉強しました。

O

漢方薬には錠剤23種類と細粒剤53種類があり、顆粒でなく細粒にすることで

飲みやすく,入れ歯などでつまりにくい工夫がされています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、「漢方薬上手な飲み方ハンドブック」では苦味を感じにくくするヒントが掲載されており

漢方薬独特の苦みが苦手な患者様にもおすすめ出来そうだと思いました。

細粒剤はスティック状包装で見分け方は

1日2回(KB)内服:包装表示が2色に分かれている

1日3回(EK)内服:包装に3本斜線が入っています

漢方薬といえば風邪薬のイメージがありましたが

今回の勉強会では、アレルギー性結膜炎やドライアイ

糖尿病網膜症に効果がある漢方薬も学びました。

小青竜湯:アレルギー性結膜炎に効果あり、花粉症患者に対し全般改善度44.6%

アレルギー性結膜炎に対し掻痒感改善度33%

人参養栄湯:ドライアイに効果あり、シェーグレン症候群、スティーブン・ジョンソン症候群を

除く原因不明のドライアイに使用  ★シェーグレン症候群にも効果あり

私自身も花粉症、アレルギー性結膜炎を持っているため漢方薬を試してみたいです。

 

看護師S

 

 

 

 

 

第8回 眼科手術サロン 2016 (in 大阪)


2016年11月19日、大阪エルセラーンホテルにて行われた『第8回 眼科手術サロン』に参加しました。毎年少しずつ参加者が増えつつあり、今回は210名の参加でした。

fullsizerender

第1部当院の術中での工夫について。

患者様が術中に感じる緊張や不安、不快感の軽減への取り組みについて。などの発表がありました。

術中に感じる緊張や不安で、血圧が上昇したり、力が入ってしまう患者様も多く、私たちスタッフが患者様の不安内容を聞き取り、状況を理解し、少しでも安心して手術を受けられるよう工夫することが必要だと感じました。

第2部では検査の時に気を付けたいことについて。

ロービジョンケアや、静的視野検査時に気をつけていること等、日頃から視能訓練士の方々が工夫している点など話されました。

診療に有用になる、信頼性の高い検査結果を出せるように、患者様へ十分な説明と声かけをし、患者様にも検査に『協力』していただく事が最も重要である事を実感しました。

image1  受付時の撮影会にて