院内勉強会(緑内障とその治療)


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9月13日(水)、「緑内障とその治療」についての勉強会がありました。

1.緑内障の定義
緑内障は、視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患である。

2.眼圧とは
眼球外壁は角膜・強膜・視神経で形成され、眼球形状を維持するために内圧がある。この眼球内圧を眼圧と呼ぶ。一般に10~21mmHgの範囲が正常眼圧である。

人の目には、 その球形を保つために、 房水(ぼうすい)という液体が循環し、眼の中の圧力(眼圧)を調節しています。緑内障になる要因の1つとして、この房水の排出に異常が生じ、眼圧が高くなり、視神経をいためている(障害されている)ことが挙げられます。 眼圧以外にも、緑内障の家族歴、加齢、近視、循環器系疾患や糖尿病になったことなどがあると、緑内障になる可能性が高くなるといわれています。

房水の流れ(イメージ)

眼圧に影響する因子
①全身状態
収縮期血圧が高いほど、眼圧が高い。肥満度が高いほど、眼圧が高くなる。
②季節変動
暑い夏より、寒い冬の方が眼圧は高い。寒暖の差が大きい地域に住む人ほど、季節変動は大きいといわれる。
③運 動
眼圧は運動の影響を受ける。運動直後に眼圧は一過性に下がる。その眼圧下降度は運動強度に比例し、運動量や運動時間の影響を受けない。

O

3.緑内障の検査
①問診・・・初診時の問診、全身疾患の既往歴や薬物治療歴、自覚症状などについて
②細隙灯顕微鏡検査・・・角結膜、前房、虹彩、水晶体、隅角、眼底を観察する
③眼圧検査・・・角膜に一定の変形を生じさせるのに必要な力を測定する
④隅角検査・・・隅角鏡で隅角からの光を屈折させて観察する
⑤眼底検査・・・視神経乳頭あるいは網膜神経線維層の形態学的変化の検出
⑥視野検査・・・視神経乳頭変化に対応して特徴のある視野変化を検出

4.緑内障治療の原則
①治療の目的は患者の視機能維持
②最も確実な治療法は眼圧下降
③治療できる原因があれば原因治療
④早期発見が大切
⑤必要最小限の薬物で最大の効果
⑥薬物、レーザー、手術から選択

日本では、40歳以上の20人に一人が発症しており、視覚障害の原因の第一位と言われています。現在、8~9割の患者さんが未受診といわれており、失明を未然に防ぐためには、早期発見早期治療が大変重要であると学びました。

詳しくはこちらをご参照ください   

緑内障について http://www.mizokami-ganka.jp/shinryo/ryokunaisho/index.html

 

受付スタッフ S

 

 

角膜内皮移植プレカット・角膜移植・白内障手術実習


株式会社モリアジャパンHOYA株式会社河野医科器械株式会社に協力頂き、豚眼を用いて安全な角膜内皮移植用プレカットの作成、角膜移植術、白内障手術のトレーニングをしました。

角膜内皮移植用プレカットの作成については、ACPシステという人工前房内のカット中の圧力を一定に保つシステムを試してみました。このシステムが導入されれば、安定した状況で角膜をカットすることができると確証することができました。

O O

また、全層角膜移植の施行に備えどのような手技で行われるのかを院長の解説付きで実施しました。

 

O

 

また、白内障手術については、院長だけでなく安全な手術を実施するために、コメディカルにも白内障手術がどのように施行されているか、また、どのような連携を元に医療チームの協力体制が必要かという事をモットーに定期的にHOYA株式会社さんに協力頂き、白内障手術の実習を行っています。

今回は、神戸総合医療専門学校の視能訓練士科実習生のAさんにも、白内障手術の難しさと奥深さを体験してもらいました。

O OLYMPUS DIGITAL CAMERA OO

 

「快適に見えるよろこび」をモットーにこれからもチーム医療で頑張っていきます!

溝上眼科 事務次長W

院内勉強会 【ドライアイについて】


2017年6月7日(水)、大塚製薬による【ドライアイについて】の勉強会が行われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

※ドライアイとは

涙の乾きなど涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる疾患です。様々な要因により涙液層の安定性が低下し、涙および目の傷を伴う慢性疾患で眼不快感や視力低下を伴うとされています。

※涙の構造
 涙は、油層、水層、ムチン層という成分から成り立っており、それぞれバランスを保つことで涙の安定性を保っております。ドライアイの患者さまは、この涙の状態が不安定になり、涙が蒸発しやすくなったり、眼表面に傷がつきやすくなります

ドライアイとは?

※ドライアイの症状

目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。また、コンタクトレンズが痛い、ものがかすんで見えるなどの症状もドライアイから起きることがあります。
以下のような症状がある方はドライアイかもしれません。

チェック ドライアイ!
□目が疲れる
□目が乾いた感じがする
□ものがかすんで見える
□目に不快感がある
□目が痛い
□目が赤い
□目が重たい感じがする
□光を見るとまぶしい
□目がごろごろする

また、結膜弛緩症の患者さまもドライアイになりやすい要因があるとのことです。
結膜弛緩症とは、加齢に伴って、結膜部分(白目の部分)が弛み、眼表面で涙が留めにくくなります。また、弛んだ結膜が瞼と触れやすくなり、摩擦によって眼表面に傷がつきやすくなります。

※ドライアイの治療薬として、ムコスタ点眼液UD2%についての説明もありました。

ムコスタ点眼液UD2%は、涙の成分であるムチンの産生を促進し、涙の状態を安定させることで、角結膜上皮の障害を改善します。1回1滴、1日4回点眼で、継続して点眼することが必要です。
この点眼液は白色の水性懸濁液のため、一時的に目の前が白くなることや、目がかすむことがあります。また、点眼後は苦味を感じることもあります。

この苦味を少しでも軽減させる方法として、液が喉に流れてこないように、点眼後は目を静かに閉じ、下を向き、目頭を1~5分軽く押さえる。点眼後に目の周りにあふれた液は、清潔なティッシュペーパーなどで拭き取ることが良いそうです。

ドライアイかな・・・と思った方は、一度、眼科医にご相談ください。

看護師 A

ハンフリー自動視野検査について


P4120002109

4/12(水)ハンフリー自動視野検査について、院内勉強会がありました。

ハンフリー自動視野計

視野検査は、自覚検査ですので、患者様の体調や検査状況が結果に反映されます。

信頼性の高い良好な結果を得るためには、検査中の患者様の姿勢と3つの信頼係数が大切です。

『3つの信頼係数』とは

① 固視不良 (マリオット盲点に呈示した指標総数に対して、応えた回数で判定し、20%以上で信頼性が低くなります。原因は、眼が動く。額・顎がはずれる。説明不足です。)

② 偽陽性 (見えるはずのない光に反応した回数で判定、つまり器械音しか出ていないのに合図していて、結果においても閾値が40dB以上と異常な高感度で15%以上で信頼性が低くなります。原因は、説明不足や神経過敏です。)

③ 偽陰性 (見えるはずの明るい光に反応しない回数で判定、33%以上で信頼性が低くなります。原因は、居眠りや疲れによる集中力の欠如です。

私たちスタッフは、検査を始めるにあたり、「誰でも見えない光もありますので、すべての光が見えるわけではありません。」「音に惑わされないようにしてください。」「見えた光は、明るく大きな光でも必ず押してください。」と説明しておりますが、見えない光があることに対して不安に感じられる方や何がなんでもボタンを押そうと頑張ってくださる方もいらっしゃいます。

では、マリオット盲点とは?

視神経乳頭正常視野

眼底でいう視神経乳頭の場所にあたります。網膜内を走行する神経線維が1つに集まるところで、ここから網膜の動静脈が出入りしますので、網膜がありません。上右図の黒く塗られているところです。

当院では、閾値検査プログラムとして中心30-2と中心10-2を主に使います。

中心30-2(中心30度内6度・76点)・・・緑内障、視路疾患に有用!

中心10-2(中心10度内2度・68点)・・・(進行・早期)緑内障、黄斑疾患に有用!

検査結果(単一視野解析)について

視野の見方1視野の見方2

補足として⑥ GHT(緑内障半視野テスト)・・・上半・下半視野各ゾーン比較において「正常範囲内」「ボーダーライン」「正常範囲外」「異常な高感度」「全体的感度低下」が表記されます。

今回の勉強会では、偽陽性が33%から15%に信頼度が厳しくなったこと。①~⑦の緑内障視野異常の判定基準についても学びました。

視野検査を受けられる皆様へ

視野検査は、診断するためにとても重要な検査です。より高い信頼性が得られるためには体調や姿勢が影響します。私たちもしっかりと丁寧に説明し、また、中心30-2では片眼5.5~10分、中心10-2では片眼4~8分と時間がかかりますので、休憩を入れたり注意掛けしながら行ないます。あらかじめ体調や特に眼の状態が悪い場合はお申し付けください。

視能訓練士K

 

 

 

 

 

 

 

院内勉強会【糖尿病のトピックス】


平成29年3月15日(水)
院内において
【糖尿病のトピックス】という演題で勉強会を開催致しました。

29.03.15勉強会

淡路島は美味しい食べ物が多いうえに
田舎特有の車社会で
日常的に運動不足に陥りやすく
糖尿病になるリスクが高くなりがちです.

糖尿病は初期症状がほとんどないため
当院に来院される患者様のなかにも
かなり症状が悪化してから初めて眼科に来られる方を
しばしば見受けます。

血糖値のコントロールや
食事の摂り方の注意事項など
今回の勉強会で得た知識を生かし
糖尿病の治療で頑張っておられる患者さまの気持ちに寄り添って
一緒に視機能を保つお手伝いが出来ればと思いました。

最後に雑記になりますが
勉強会での内容を記載させていただきます

********************************************************

糖毒性
糖毒性とは、血糖値が高いこと自体がインスリンの分泌を低下させたり
インスリンの働きが悪くなるインスリン抵抗性を起こすことを指し
高血糖をそのままにしておくと更に糖尿病が悪化していく
運動療法はカロリー消費だけでなく
このインスリン抵抗性を改善する効果もある

厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」の推計によると
糖尿病人口は予備軍を含め2050万人

糖が尿に出なくても糖尿病のことがあり
血糖値が高くなって初めて糖尿病と診断される
初期は自覚症状がほぼないので
早期発見のために健診を定期的に受けるなど注意が必要

糖尿病の種類
DMの種類

Ⅰ.1型 インスリンを作るところが元々壊れている
Ⅱ.2型 インスリンが出にくい、効きにくい
Ⅲ.遺伝・疾患要因
Ⅳ.妊娠による誘発

治療法
インスリンが出にくい→薬で補える
インスリンが効きにくい→感受性の低下→運動+薬で補える
薬の種類も今は多岐に渡り
低血糖がおこりにくい薬や
血液中の糖をおしっことして出す薬(腎臓での再吸収を阻害する)が
使われるようになった

糖尿病の3大合併症
糖尿病網膜症、腎症、末梢神経障害
また感染症がおこりやすくなる(虫歯、歯周病、術後の感染症など)

糖尿病発症後5年で神経障害
7年で網膜症
10年で腎症
20から30年で末期感染症を発症するといわれており
脳梗塞や心筋梗塞にも注意が必要

HbA1C
血液中に流れるヘモグロビンにブドウ糖がくっついたもの
1~2か月が寿命
血中の糖が多いとHbA1Cが増える
目標として
正常値  6.0
合併症予防 7.0
治療強化が困難な際の目標 8.0
HbA1Cを1%下げると血管障害リスクを37%下げることができる
体温に置き換えてイメージしてみるとわかりやすい
(体温プラス30)
7.5→37.5→薬が必要
9.2→39.2→注射が必要
HbA1C6.9以下に下げておくと
進行がゆるやかになる
7.0を超えると合併症が増えてくる
(熊本スタディーより)
熊本宣言2013

1日の血糖値の変動は少ない方がいい

食事の順番で血糖値の上昇の仕方が変わる
サラダ→ごはん→上がりにくい
ごはん→サラダ→上がりやすい
たくさん噛んだほうがいい
1回食べたら箸をおいてみるとよい

食後高血糖
食後  140未満⇒200を超えると糖尿病
空腹時は100を超えないように
脳梗塞、心筋梗塞のリスクが高くなるのは
空腹時高血糖より食後高血糖
治療中は特に食後高血糖に気を付ける
食後2時間の血糖値の高さは
総死亡率と強い関連性がある

高齢者糖尿病患者のコントロール目標
・認知機能が正常かどうか
・ADLが低下していないかどうか
気を付けておく
認知レベルが低い人にあまり厳格なコントロールを強いると
低血糖を起こす可能性があるので
あまり厳格にコントロールしない

受付 A.N

白内障手術実習行いました


溝上眼科事務次長のWです。

当院のモットーとして、「快適にみえるよろこび」を掲げていることから白内障手術手技を体験する機会をできるだけ設けています。

日本アルコンさんにご協力頂き、白内障手術の実習を最先端の白内障手術装置CENTURION®を用いて行われました。

院長をはじめ、少しでも関わりのあるスタッフが目で見て、肌で感じることがいかに重要であるかということを改めて感じることのできた実習となりました。

 

012f0319dc558c5a278d472279e188036c8da0957401000d905721a9b4160a821fffa02da879189e9cbf0109137d5a78ca61411a9c8aacb20888491f346a83

 

白内障手術は、簡単なイメージを持っている人も多くいるようですが、奥が深く、繊細な手術です。

少しでも多くの人が快適に過ごして頂くためには、このような体験を生かしつつ医療に従事することが大切であると考えています。

今回もたくさんの方に支えられながら更なる発展にスタッフ一同寄与していきたいと思います。

院内勉強会(接遇研修の報告)


接遇イラスト①
平成28年6月1日
院内にて接遇研修の報告を行いました。

すこし前に洲本市文化体育館で行われた
兵庫県保険医協会主催の接遇研修で教わったことを元に
スライドを作成し、
当日参加出来なかったスタッフに向けて
接遇マナーや応対の心得
声の出し方や言葉の表現方法や
出来るだけ気分を害されずに
こちらの思いが伝わるような方法を
発表しました。

接遇イラスト③

普通にしているつもりの顔は
少し怖く見えるそうです。
普段から口角を上げるよう
心がけたいと思います。

他にも今回の接遇研修で教わったことを
外来で活かしていけるよう
日々心がけていきたいと思いました。

受付 A.N

院内勉強会(涙に着目したサプリメント)


28.05.25勉強会

28年5月25日に院内にて勉強会が開催されました。

涙に着目したサプリメント、オプティエイドDEは、乳酸菌(WB2000)、ラクトフェリン、EPA,DHA,その他を配合したサプリメントで、WB2000の経口投与がドライアイ処置による涙液分泌量の減少を抑制したことから、オプティエイドDEの摂取は、ドライアイ症状の予防・改善に有用である可能性があることがわかりました。

●乳酸菌(WB2000)  涙液分泌促進、抗酸化活性、整腸作用等が報告されている。

●ラクトフェリン     涙液機能を維持させる、加齢性の涙腺機能低下を抑制。

●EPA・DHA      疼痛や腫脹を軽減する作用があり、乾癬や眼球乾燥に効果あり。

 

乳酸菌は1億個入っており、涙液分泌機能を回復・維持させるそうで、

点眼液による治療、涙点プラグによる治療があるが、オプティエイドDEは体の中からドライアイの治療をサポートします。

 

普段コンタクトレンズを使っている方、パソコン・スマホをよく使う方、ご高齢の方におススメですが、生活改善・食生活等のバランスが大切です。

 

事務員H

 

院内勉強会(待合室・診察室などの小さな工夫・アイディア)


28.05.16勉強会

平成28年5月18日院内にて
待合室・検査室・診察室での
他院で行っている小さな工夫について
勉強会を開催致しました。

どの医院も患者さまへの配慮が感じられ
とても参考になり
改めて当院ではどんな工夫をしたらいいか考え直す
いい機会になりました。

配置や広さ、患者数のこともあり
当院では取り入れるのが難しい工夫もありましたが
まずは当院スタッフ発案で
診察室の荷物入れのかごに
カバーをつけて
忘れ物がないよう案内表示をさせていただきました。
診察室
患者様の杖の柄や、かばんのキーホルダー
眼鏡のフレームなどが、ひっかからなくなり
また忘れ物がないかどうか見やすくなって
スムーズに移動していただけるようになりました。

今後も今回教えていただいた工夫を参考に
いろいろ改善していければ、と思います。

受付 A.N

院内勉強会(緑内障の眼圧変動要因と点眼液の効果について)


DSCF1026

平成28年2月24日 院内において
緑内障の眼圧変動要因と点眼液の効果について
勉強会を開催致しました。

今回の緑内障の勉強会で
特に興味深かったのは
以下の内容でした

①眼圧の変動が大きいと視野障害に影響がある
→緑内障の方はそうでない人に比べて
日内変動の幅が大きく
視野障害のリスクは5倍になる

②患者側の眼圧変動要因
1.点眼薬がしっかり入っていない
→8割の方がうまくさせていないというデータがあり
視野狭窄や手の震えなどでうまく点眼出来ていなかったりする場合もある。
点眼方法に気をつけただけで眼圧が安定するケースもあるので
上手くさせていない場合には、ご家族のサポートも必要。

2.毎日点眼するのを忘れる
→忙しくてついうっかり点眼し忘れたりすると
眼圧の変動が大きくなるので
点眼が生活習慣になっているかチェックが必要。
(食事の後や入浴前、就寝前など
日常で必ず行う動作と連動させると
忘れづらいかも・・・)

3.多剤処方の場合
→例えば1日2回の点眼液プラス
追加で1日1回の点眼液が処方されたとき
間隔調整がうまくいかなかったりすると
点眼があまり効いていない時間が生じる

③医薬品による眼圧変動要因
眼圧は日内変動だけでなく季節変動もあり
(一般的に冬が眼圧が上がりやすい)
点眼液の追加処方をしないといけない場合もある。
ただ追加してしまうと点眼回数が増え
患者様の負担も増えるため
1日2回点眼する成分と1日1回点眼する成分の
合剤の点眼液も数多く開発されている。
また出来るだけ医薬品による日内変動が少なくなるよう
合剤の点眼液も次々新しく改良されている。

この勉強会の後
さっそく午後来院された患者様に
点眼回数が守れているか伺い
食事とか入浴とか
普段必ずすることをしたときに目薬をさす、と
決めておくと忘れづらいですよ、と
アドバイスをさせていただきました。

今後も点眼の効果を最大限に生かせるよう
今回の勉強会内容をもとに
患者様にアドバイスができるようにしたいと思います。

受付 A.N