院内勉強会(AMD予防サプリメント )


 

8月9日(水)院内にて

参天製薬さんによる、AMD【加齢黄斑変性】のサプリメントについて勉強しました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近年、日本でも急激に増加しているAMD【加齢黄斑変性】

視力低下、時には失明を引き起こす疾患で発症すると治りにくく

早期発見・予防が大切です。

ルテイン(黄斑色素)はAMDの進行抑制、発症予防効果が期待されています。

AMD発症原因は遺伝的要素、加齢、様々な環境が関与しているといわれるが

近年、外界光(特に青色光)による網膜の酸化ストレスが注目され

ルテインは光酸化ストレスから網膜を保護する作用を持っています。

AMDの発症・進行を予防するために

①外出時:サングラスや遮光眼鏡、帽子で光から目を守る

②禁煙:喫煙者はAMD発症の危険性が約2~4倍高まる

③バランス良い食事:ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ、葉レタス(緑黄色野菜)

ルテイン含有量多いが、食事から得るのは大変なためルテイン含有の抗酸化サプリメント

サンテルタックスで補うと良い

また、参天製薬では点眼薬の先発品・後発品の工夫についても学びました。

●タプコム配合点眼液(1日1回):タプロス(1日1回)とチモプトール(1日2回)の配合剤

チモプトール1回分の点眼回数減る=持続効減る

解決方法としてpHに着目し1日1回の点眼を可能にした

●アレジオン点眼液

防腐剤をベンザルコニウム塩酸塩からホウ酸へ改良

CL上からの使用可能となり、使用注意事項から外れた

●プロラノン点眼液  【二フラン点眼液】

トロメタモール:眼刺激性を減弱させる新規緩衝剤採用「しみない」二フランに近い使いごこち

さらに、点眼容器 【ディンプルボトル】を開発

見やすい・開けやすい・点眼しやすいなど、患者様の立場に立った使いやすさを実現

実際の使いやすさにおいては

高齢者やリウマチの患者様にも待ちやすく、押しやすいと

使用感の良い結果が得られたそうです。

今後、患者様へサプリメントや点眼薬の説明する際に取り入れたいと思いました。

看護師S