溝上眼科 in 第68回日本臨床眼科学会


 2014年11月13日~16日まで神戸ポートピアホテル・神戸国際展示場で行われた       日本臨床眼科学会に参加しました。

日本臨床眼科学会といえば、日本で最も大きな学会のひとつです。                     東京で開催されることが多いのですが、今回は神戸での開催です。

4年前の第64回日本臨床眼科学会も神戸で行われました。                      当時は、神戸大学主催、、、なので私も運営側として参加していました。               おかげで、会場の事は隅々まで知り尽くしています。トランシーバーを持って右往左往している先生方を見ると懐かしく感じました。

今回の学会のテーマは「academism」、、ということで、「純粋に臨床研究を行ってきた研究者の成果を発表する場を大切にしたい」という思いが込められているようです。

当院からは、私をはじめ、看護師、視能訓練士、事務職員が参加しました。             看護師はナーシングプログラム、視能訓練士は視能訓練士プログラム、事務職員は病医院運営プログラムに参加。

Attachment-1
神戸ポートピアホテルにて

DSCF16354

器械展示会場では、27G・30Gの硝子体手術装置や新しい白内障手術装置            電子カルテシステムを職員全員で視察・体験して回りました。

NCM_0029
神戸国際展示場(器械展示会場)にて

当院へ最先端の医療を取り入れ、地域の患者さんに貢献できるように、今後も努力を続けていきます。