文字サイズ
元に戻す
拡大する

施設・設備

設備について

医療機器について

最新鋭の手術機器及び顕微鏡を用いて安全且つスムーズな手術に対応できるよう日頃より準備しています。

白内障手術装置

インフィニティ ® ビジョンシステム Alcon社

網膜・硝子体/白内障手術装置

コンステレーション® ビジョンシステム Alcon社


OPMI Lumera 700 ZEISS社

OPMI Lumera 700と網膜硝子体手術装置コンステレーション・Resightによる網膜硝子体観察システムは、網膜のあらゆる細部の観察を可能にし、全ての眼科手術の際に鮮明な映像と手技に対応します。

オートレフ・ケラトメーター TONOREF III NIDK社

近視、遠視、乱視など屈折異常を他覚的に定量化する検査。 角膜曲率半径(ケラト値)も計測できる。


ノンコンタクトトノメーター NT530 NIDK社

圧搾空気を用いて眼圧を測ります。


視野計

ゴールドマン視野計(動的)見える範囲を検査します。


視野計

ハンフリー視野計(静的)見える範囲を検査します。

IOL Master 500 ZEISS社

白内障手術の際、的確な人工レンズを計測します。


眼底カメラ CF-1 CANON社

被検眼に接触せずに瞳孔を通して眼の奥の状態を観察、撮影し記録します。


OCT(光干渉断層計)検査 RS-3000 NIDEK社

網膜の断層画像を撮影する検査です。 これにより従来の診察や眼底検査だけでは分かりにくい網膜の状態が明らかになり、断層像から網膜のむくみの程度や出血の範囲・深さなどを見ることができます。

3次元眼底像撮影装置 スウェプトソースOCT DRI OCT Tritor TOPCON社

眼底、特に黄斑部を中心とした網膜や、視神経乳頭の形態を断層像で観察する検査です。


YAGレーザー

後発白内障に対する治療に活用します。

眼科用レーザ光凝固装置(PASCAL Streamline)

眼科用レーザ光凝固装置(PASCAL Streamline)は、網膜光凝固(PRP)が効率的に行える最新鋭の光凝固装置です。
患者様の疼痛の軽減、また短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れます。


HESSチャート

眼位異常の種類、外眼筋の運動制限・過動の有無を明らかにする検査です。

中心フリッカー検査

視神経炎をはじめとする各種視神経疾患において視野中心部のフリッカー融合頻度を測定する検査です。


手持ち細隙灯顕微鏡

手術直後や高齢で車椅子から椅子へ移動できない方や、幼児の診察に用います。

アイケア プロ

麻酔無しで、小さなお子さんや高齢で車いすやベッドに仰向けの患者さんでも眼圧が安定して測れます。


角膜形状解析装置
PR-8000 サンコンタクトレンズ

プラチド・レフ・ケラト・カラーマップ・CL選択の測定が一度の操作で完了します。
患者さんの負担が少ない「やさしい測定」ができます。