院内勉強会【CRVOに対する抗VEGF治療】


2018年11月7日(水)、バイエル薬品株式会社さんによる【CRVOに対する抗VEGF治療】の勉強会がありました。

RVO(網膜静脈閉塞症)とは...

網膜動静脈交差部で網膜静脈の分枝が閉塞する網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)と、視神経内で網膜静脈が閉塞する網膜中心静脈閉塞症(CRVO)の二つに分類されます。
BRVOでは閉塞静脈よりも遠位側に、CRVOでは網膜の全域あるいは大部分に出血が広がります。なお、RVOでは、主に黄斑浮腫を合併した場合に視力低下が認められます。

網膜静脈閉塞症とは

 

RVOによる黄斑浮腫の発生について

閉塞した静脈の内圧は上昇し、血管壁から血液や滲出液が網膜内に貯留します。また、血流量が低下して網膜が虚血、低酸素状態に陥るとVEGFなどのサイトカインが過剰に産生されます。過剰なVEGFにより血管の透過性が亢進し浮腫が生じるとともに、新生血管が生じることがあります。

 

治療が遅れてしまうと...

虚血型CRVOでは前眼部(虹彩や隅角)に血管新生が生じ、進展すると血管新生緑内障に至る危険性があり、非常に予後が不良です。
RVOでは、出血や浮腫により視力低下や視野欠損、変視症などを自覚しますが、出血や浮腫が消失すると自覚症状は軽減します。しかし浮腫は繰り返し発生することが多く、長期間持続すると細胞の不可逆的な変化により症状が悪化し、視力など視機能の改善は期待できないことが多くなります。

「RVOの病態」の画像検索結果

治療法について

循環障害、黄斑浮腫、あるいは血管新生が治療対象となり、これらの改善あるいは予防により、視力の改善・安定化を目的に治療が行われます。
黄斑浮腫に対しては、無作為化比較対照試験により有効性が証明されているVEGF阻害薬の硝子体内投与が主流となっています。
RVOに伴う黄斑浮腫の主な原因はVEGFの過剰産生と考えられ、VEGFとVEGF受容体の結合を阻害するVEGF阻害薬により、黄斑浮腫と黄斑浮腫による視力低下の改善が期待できます。ただし、現在使用されているVEGF阻害剤はVEGFの産生は阻害しないので、VEGFが過剰に産生される限り、継続的な投与が必要と考えられます。
また、血管新生に対しては予防もしくは治療目的として、汎網膜光凝固もしくは周辺部光凝固などのレーザー治療が行われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

試験概要と結果について

CRVOに伴う黄斑浮腫の治療において、アイリーア(アフリベルセプト)およびルセンティス(ラニビズマブ)の投与回数を比較検討。

対象
CRVOに伴う黄斑浮腫を有する18歳超の未治療患者45例(期間:18ヵ月間)

結果
アイリーアの平均投与間隔は10.0週であり、ラニビズマブ群に比べて有意に長かった。
アイリーアの平均投与回数は10.9回であり、ラニビズマブ群に比べて有意に少なかった。
最高矯正視力文字数の変化量は有意な差は認められなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、網膜静脈閉塞症の他にも、加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管症などの病気に対しても効果があることがわかり、治療対象となる患者さまの数が増えてきています。
しかし、進行具合によっては複数回実施後にようやく効果が出てくる場合や、いったんは病気の進行が落ち着いて治療を中止できてもしばらくして再発される方もいます。
治療効果が出ていても、患者さまの視力や自覚症状は改善しにくいこともあります。
長期にわたって視力を維持するためにも、抗VEGF薬投与により病気をコントロールしながら、根気強く治療し、視機能の維持を目指すことが重要です。

大切な患者さまのために...
日常生活に支障が出ないように、また残存機能を有効に活かすために継続的な治療を前向きに一緒に考えていきたいとおもいます。
治療で悩んでいる方、不安な方はお気軽に声をかけてください。

看護師 M

 

 

院内勉強会 『ミケルナ配合点眼液について』


2018年10月24日(水) 大塚製薬による目標眼圧が達成できない患者さんの薬物治療強化のひとつにミケルナ配合点眼液をいう勉強会でした。

ミケルナ配合点眼液は、ミケランLA2%(カルテオロール2%)とキサラタン(ラタノプロスト)の有効成分とする配合剤です

カルテオロールの作用
•ISA∗(内因性交感神経刺激様作用)を有するβ受容体遮断薬である
•眼底血流を増加させます
∗ISAとは・・・アドレナリン受容体に対するパーシャルアゴニスト作用を意味します。

眼圧下降効果
•単剤よりも有意に優れている
•ミケランLA-ラタノプロスト併用と同程度である

使いやすさ
•扱いやすいボトルです
•少ない力で滴下できます
•室温保存ができます
•点眼補助具があります

使用感
良好な点し心地を示しており、副作用は今までの点眼と比べて少なく、防腐剤の『BAC』(ベンザルコニウム塩化物)を含んでいないので、角膜表面にも優しく、角膜のキズが起こりにくい

ミケルナ配合点眼液は、緑内障・高眼圧症の治療薬であり、眼圧を下降させる薬剤です。

ミケルナのみしか使用できませんが、リウマチの方や指先に力が入れられない方でも使用できる点眼補助具もあるということがわかりました。

緑内障点眼は毎日しっかりと点すことが大切なので、さし心地が良いのはとても重要であり、治療を継続することも大切なので、患者様のお役に立てるよう努めたいと思います。

受付N

 

院内勉強会【接遇について】


2018年10月10日(水)、KSKによる医療に携わるあなたと診療所のための接遇の勉強会がありました。

患者様のために~という共通目的に向かって
明るく丁寧な接客と礼儀正しい態度を今回の勉強会で見直させていただきました。

コミュニケーションは必須の医療スキルであり、

mile (笑顔)
peedy (迅速)
tudy (学習・努力)
pecialty (専門性)
incerity (正直・真心・思いやり)
mart (賢明な・気の利いた振る舞い)

地域№1の眼科に向けたこれらの6S活動、能力や適性をふまえて自らのキャリアを考え、安心して健やかに過ごしていただくためにスタッフが1つとなって前進し、組織の適正化を図りたいと思っております。

   15秒の自己紹介にチャレンジ

初めての受診、手術、わからなくて不安なことも「安心・安全」を提供できるように、心のケアが行き届くよう、日々の小さな思いやりを積み重ねて求められていることを想像し、寄り添う気持ちを行動に移したいと考えています。

 

時には、求めていたことと違って不信感を与えてしまうこともあるかと思います。

そういったエラー・クレームが生じることで問題や課題に気づくことができるとも言えるので、患者様からの貴重な贈り物と受け止め、コミュニケーションエラーを起こさない環境づくりをし、患者様の満足向上に繋がり、再訪したくなる病院を全スタッフで築き上げていきたいです。

さまざまな病気が今以上に悪くならないようにお手伝いさせていただき、「来てよかった」と思っていただけるような皆様に選ばれる魅力的な病院としておもてなしをさせていただきたいです。

事務H

 

 

当院で研修を行いました!29


当院は、兵庫県立淡路医療センターより
初期臨床研修プログラムの研修施設に指定されており、
これまでも多くの先生の研修を受け入れてきました。

今月も、10月1日(月)~5日(金)に 法貴 真也 Dr.の研修を受け入れました

    

外来診察、及び移植医療に関して、また院内勉強会に参加しました。

 院内勉強会

手術室では、白内障手術、硝子体注射を見学をしてもらいました。

患者さまに愛される未来のスーパードクター!!研修お疲れ様でした。

 

ORT(視能訓練士)実習生の研修を受け入れました 10


神戸総合医療福祉専門学校から 8月20日(月)~9月28日(金)まで、約2ヶ月にわたって外来検査業務の見学・実習を行いました。

視力検査を中心に眼圧検査、視野検査、OCT検査、蛍光眼底造影検査、豚眼実習(白内障)などの実習を行いました。

  豚眼実習

また、院内勉強会にも多数参加してもらいました。

 院内勉強会(参天製薬)

  院内勉強会(眼科とアイバンクについて)

  院内勉強会(HOYA)

  院内勉強会(日本点眼)

実際の患者様を前に検査させていただくことは、とても緊張したと思いますが、検査や疾患の勉強だけでなく、患者様との接し方や介助などを実際に学ぶことがたくさんあったのではないでしょうか!

患者様をはじめ、御協力いただきました皆様方に感謝します。

 

よりステップアップを目指して、ORTとして社会人として活躍している姿をみるのが楽しみです。
そしてまずは国家試験合格できるように頑張って下さい!

視能訓練士K 、院長より

 

 

院内勉強会【洗眼殺菌剤PA・ヨード点眼・洗眼液について】


2018年9月26日(水)、日本点眼による【洗眼殺菌剤PA・ヨード点眼について】の勉強会がありました。

PA・ヨード点眼・洗眼液とは

一般名:ポリビニルアルコールヨウ素液

禁忌:本剤又はヨードに対し過敏症の既往歴のある患者

組成・性状
[成分・分量]1㎖中にヨウ素2㎎、ポリビニルアルコール80㎎を含有する
[添加物]ヨウ化カリウム
[色・剤形]赤紫色・透明でやや粘稠な液体で、ほとんど無臭、無菌製剤

効果・効能:角膜ヘルペス、洗眼殺菌

用法・用量
(有効ヨウ素濃度0.2%の原液)通常、精製水又は0.9%食塩水で4~8倍に希釈して用いる

副作用:過敏症状、刺激感

使用上の注意
(1)角膜ヘルペスに使用する場合、10日間程続けても効果が認められない場合は、他の治療法への切替えを行うこと。
(2)アルカロイド、アルカリ、植物油、カルシウム、マグネシウム、水銀、その他の重金属を含む製剤とは同時に用いないこと。[沈殿を生じたり、分解を起こすことがある。]

取扱上の注意
[貯法]2~8℃
[使用期限]外箱及びラベルに表示
[注意]
①希釈後は気密容器で冷蔵庫に保存し、速やかに使用すること(ただし、洗眼殺菌に使用する場合は、調整後直ちに使用すること)
②点眼用、洗眼用にのみ使用すること

包装:20㎖×5

 

現在当院では、術後感染(眼内炎)予防のためにイソジン消毒液による消毒を行っています。

眼内炎とは眼の中で菌が増殖する病気で、眼科手術をする医師が最も恐れる合併症です。

今回の勉強会で、このPA・ヨード液とポピドンヨードは同一有効ヨウ素濃度であれば殺菌効果は同等であることがわかりました。また、眼科手術における術前減菌法に関する多施設共同研究でも有用であるとの報告があり、多くの医療機関で臨床使用されていることがわかりました。

消毒剤の微生物不活化効力に影響する因子として温度・濃度・時間があり、この3因子がPA・ヨードに与える影響や保存法が本製剤の不活化効力の安定性に与える影響など使用上の注意点についても詳しい説明をして頂きました。

大切な患者様の眼を守るためにも、今後も引き続き感染予防に努め安全な医療の提供を心掛けていきたいです。

看護師:M

 

 

 

 

 

淡路島眼科内科連携を考える会~糖尿病合併症治療に関して~(第3回)


6月16日(土曜日)淡路島観光ホテルにおいて眼科-内科連携の会が行なわれました。

毎年、この時期に定期的に行なっており、今回で3回目の開催になりました。

糖尿病では、網膜症・神経症・腎症が3大合併症となりますが、

網膜症に関しては、眼科医の立場から、私が診断や治療法に関して、症例や手術ビデオを交えて発表しました。

また神経症・腎症やその他の合併症に対する内科的な治療戦略に関しては、

神戸大学医学部糖尿病内科 芳野先生より詳しく発表して頂きました。

座長は県立淡路医療センターの林副院長にお願いしました。

糖尿病の合併症は全身に及びます。

糖尿病網膜症は、残念ながら本邦における中途失明の原因疾患の第2位になっています。

内科治療だけでは、失明を免れる事はできませんし、

もちろん眼科の治療だけでは網膜症の進行を抑えることはできません。

眼科と内科がしっかりと連携し治療を行なう事で、QOV(クオリティーオブビジョン:視覚の質)を保つことが、当院の重要な役割だと考えています。

これからもより良い地域医療に貢献できるように、他の医療機関や施設と連携を密にし、専門知識の習得や技術の向上に努め、地域全体の医療水準の向上に寄与したいと考えています。

院長

白内障実習を行いました・8月


8月22日㈬、HOYA株式会社さんにご協力頂き、視能訓練士 実習期間中のSさん他、当院スタッフも白内障手術の実習を行いました。

まずは、先月と同じく視能訓練士として活躍中のMさんがお手本を。

その後、実習生Sさんが、初めての白内障実習に挑戦しました。
院長の指導を受けながら、手術器械に触れ、白内障手術の難しさを体感しました。

 

看護師Mさん、看護師Nさんも参加し、積極的に白内障手術の流れを学んでいます。

ほぼ皆勤賞で参加の看護師Mさんは、コツをつかんだようでⅤサインも出ました!(^▽^)

 

このような研修の場を提供していただき、実習できることに感謝しつつ、これからもより良い医療に貢献できればと思っております。

 

 

待合室のトイレが新しくなりました!


この度、待合室のトイレを改装しました。
(工事中はご迷惑をおかけいたしました)

以前は、西日が当たり暑かったトイレですが、エアコンも付け、患者様が快適にご利用していただけるトイレになりました。

 

これからも患者様が安心して受診していただける地域医療を目指し、スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

 

ORT(視能訓練士)実習生の研修を受け入れました 9


神戸総合医療福祉専門学校から 7月2日(月)~8月8日(水)まで、約2ヶ月にわたって外来検査業務の見学・実習を行いました。

視力検査を中心に眼圧検査、視野検査、OCT検査、蛍光眼底造影検査、色覚検査、豚眼実習(白内障)、手術見学などの実習を行いました。

実際の患者様を前に、検査させていただくことは、とても緊張したと思いますが、検査や疾患の勉強だけでなく、患者様との接し方や介助などを実際に学ぶことがたくさんあったのではないでしょうか!

また、院内勉強会、白内障手術の実習にも参加してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

白内障手術の実習

 

 

     アイバンクについて(院内勉強会)

患者様をはじめ、御協力いただきました皆様方に感謝します。

よりステップアップを目指して、ORTとして社会人として活躍している姿をみるのが楽しみです。

そしてまずは国家試験合格できるように頑張って下さい!

視能訓練士K 、院長より