白内障手術実習行いました


溝上眼科事務次長のWです。

当院のモットーとして、「快適にみえるよろこび」を掲げていることから白内障手術手技を体験する機会をできるだけ設けています。

日本アルコンさんにご協力頂き、白内障手術の実習を最先端の白内障手術装置CENTURION®を用いて行われました。

院長をはじめ、少しでも関わりのあるスタッフが目で見て、肌で感じることがいかに重要であるかということを改めて感じることのできた実習となりました。

 

012f0319dc558c5a278d472279e188036c8da0957401000d905721a9b4160a821fffa02da879189e9cbf0109137d5a78ca61411a9c8aacb20888491f346a83

 

白内障手術は、簡単なイメージを持っている人も多くいるようですが、奥が深く、繊細な手術です。

少しでも多くの人が快適に過ごして頂くためには、このような体験を生かしつつ医療に従事することが大切であると考えています。

今回もたくさんの方に支えられながら更なる発展にスタッフ一同寄与していきたいと思います。