院内勉強会【アダプチノール錠】


2019年1月30日(水)、バイエル薬品株式会社さんによる【アダプチノール錠】についての勉強会がありました。

アダプチノール錠は、暗順応改善薬で、網膜色素変性症における一時的な視野・暗順応の改善に、効能・効果があります。

網膜色素変性症とは‥‥】

網膜の視細胞層及び、色素上皮層が広範におかされる疾患。
その結果、夜盲と視野狭窄を自覚する。
徐々に進行し、老年に至って失明する例も多い。
症状は、夜盲・視野狭窄・視力低下があり、現時点では、治療法が確立されていないとのこと。

3000~4000人に1人の割合で発症。国内には約5万人、世界では150万人以上の患者がいると言われています。


        数十年かけて徐々に視野が狭くなっていく

アダプチノール錠の用法・用量】
通常成人1回5㎎、1日2~4回経口投与。
(年齢・症状により適宜増減する)

 

臨床効果として、網膜色素変性症の暗順応に対する効果は、最低刺激閾値の低下、暗順応時間の短縮、夜盲の改善が認められており、また、視野欠損がある場合は、視野の拡大、及び暗点の消失・縮小することが認められている。

暗順応や視野拡大に対する効果は、相関関係を示すものではないが、暗順応が改善された症例では、視野改善効果も認められる傾向があるそうです。

 

患者様の大切な眼を守るためにも、継続治療していただけるよう、寄り添った看護ケアが大切であると実感いたしました。

看護師 A